滋賀県でおつけものと言えば 近江つけもの 山上 地漬,下田なす,日野菜漬,白菜の重ね漬け
採用案内お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー
四季折々の素材が持つ本来の旨みを損なわないように丁寧につくる、やまじょうのおつけもの
    
HOME 店舗のご案内 旬のご案内 商品のご案内 こだわりお問い合わせ
HOME > 近江味噌漬 武宗

近江味噌漬 武宗

 創業時、現在の山上本店がある地元近江下田で味噌を仕込んでおりました。
そんな思い入れのある近江の味噌を使い、近江の肉や魚を漬け込んだのが、武宗の味噌漬け。
「武宗」とは創業者二名の屋号を一文字づつ組み合わせたものです。先人たちの想いを引き継ぎ、歴史ある近江牛や湖魚、近江伝統野菜に漬物屋だからこそできるこだわりと工夫を重ね、熟成味噌の麹が醸す旨みで、深みのある味噌漬けに仕上げました。
近江味噌漬、武宗の新たな逸品をぜひご賞味下さい。

「素材に新たな美味を生む 本漬にこだわる」


味噌床に使う味噌・糀・日本酒は滋賀県産の大豆や米を用い無添加・無加糖でつくられたものを使用しています。素材によって、それぞれに適した味噌床で漬け込むこと数日間。この本漬製法により、こだわりの味噌の風味と旨味をしっかりと素材にしみこませています。





こだわり
下田なすへの想い
近江伝統野菜
近江味噌漬 武宗

お問い合わせ
下田なすへの想い
近江伝統野菜
近江味噌漬武宗
PDF注文用紙
株式会社やまじょう